右投げ右打ち左巻き!

JB・NBCトーナメントのこと。その他釣りに関係ないことも色々。

リーフマスターでAT5を作る

最近一部の人しか興味のそそられないブログになってますね(笑)
(いや前からかww)

今回もそんな感じになりますので宜しくお願いします(笑)





この間とある場所のAT5(等深線)を作ってみたんですが.....



左はリーフマスターで水深の補正をしないで録画データをAT5(等深線)に書き換えたもので、右が補正してから書き換えたもの。
同じデータなのに全然違う地形に見えます。
右はだいぶマイルド(笑)


というのも、魚探で目視出来るボトムと、実際に魚探側がデータ的に「ここがボトム」と認識している位置に誤差が生まれている様で、それを補正してからAT5にしないと、最悪の場合ありもしない地形変化を狙って釣りをしてしまうかも!
というお話です(笑)



そもそもそんなに細かいデータを作る必要があるのかと言われそうですが、ピンスポットを魚探にマークしても、そこの地形的変化をしっかり理解していないと意味ないなと自分は思うわけで、その細かい地形的変化をしっかり理解した上で狙えているかどうかがとても重要だと思うんです。

たいして変化のないフラットエリアにぽつんとあるピンスポットだったら細かいAT5は要らないと思いますが( ̄∇ ̄*)ゞ


んで、そうすることによって実際ルアーを通すべきコースが分かってくるとかもあると思いますし、周りの人よりポイントをカッチリ理解した上で狙えているっていうのは大きなアドバンテージになるんではないかと!

要らない人には要らないでしょうが、これを知ってたらもっとこうだったかもなぁ~という経験があるのでどうしてもやりたい
(´;ω;`)笑




そんなこんなで、
もうひとつのポイントも補正してからAT5に書き換え、
録画してきた画像データ(sl2)を別売のソナービューアーで上から見た状態に置き換えてみると.....






データの録り方が汚くて画像が少し伸びちゃってますが、ふたつはかなり酷似していることが分かると思います。
テンション上がりますね(笑)
補正した甲斐があるってもんです(*´-`)w




ちなみにこのポイントの補正前はこれ。
さすがに上のソナービューアーの画像と比べると地形的に一致するような所がなかなか見付けられないですよね(^-^;

細かく魚探を掛けたとしても誤差が生じるため、
自分の中で重要なポイントのAT5を作るという時には
補正ありきで考えないと納得いくような詳細なデータは
作れないんだなぁとしみじみ思いました(笑)

もちろん自分の魚探の掛け方にも問題があるかもですが(。>д<)笑







いや~~それにしても書いた書いた(笑)

以上、細かい話でした(笑)
スポンサーサイト
[ 2017/03/25 12:36 ] 釣り | TB(-) | CM(-)

完成!自分でロッドビルディング⑦

遂に完成です!


今回のロッドのガイドスペックは上から

・T-MNTT 5F-2.0
・T-LDBSG 5.5
・T-LDBSG 5.5
・T-KTTG 6
・T-KTTG 8
・T-KLTG 8M
・T-KLTG 12H
・T-KLTG 25H

という具合です。

フルトルザイト!!
と言いたいところですが、LDBガイドのラインナップにトルザイトはないんですΣ(ノд<)

そもそも何故LDBを使ったかというと、前に導入したブラックレーベル6111MFSがLDBを使っていて、それがPEのガイド絡みがなくかなり具合が良かったからです(笑)



え?
つうか全体的にガイドでかくない??

って感じですが、PE2号までを使う釣りで、しかも扱うもののウエイトが軽かったり空気抵抗が強かったりするためガイド抜けを良くしたいというのと、2500番リールを使うのでそのスプールサイズを考えての設定です。


ちなみにレングスは6.35ft。

特殊なレングスですが、使いやすい長さを追求した結果たまたまです(*´-`)笑



そしてガイドスレッドですが、3回のコーティングを経てこんな感じに。

これはダブルラッピング仕様のバットガイド。





で、それ以外はこんな感じに。








ガイド全体!







グリップ!











リールをセット!!笑


ちなみにこのロッドに載るリールは後に17'コンプレックスCI4+ 2500SF6HGに変わる予定です( ̄∇ ̄*)ゞ


決め手はリールのウエイトが従来より軽くなったのと、PEをそれなりに巻けるラインキャパシティ、そしてハンドル一回転あたりの最大巻き取り量のバランスです!

さらに今年のコンプレックスはストラディックCI4+がベースのため、NEWマグナムライトローターが搭載されているということ、そしてハンドル素材はコンプレックス独自でヴァンキッシュと同じCI4+を採用しているということで、従来のモデルよりも巻き出しの重さが軽減されているという部分が特に自分としては大きかったです。


他にはアブガルシアのレボロケット2500Sの最大巻き取り量98cmも魅力的でしたが、ハンドルの巻き出しの重さが気になるのと、スーパーハイギヤだからこそカバー内やオーバーハングからの回収時に『巻け過ぎるが故に』枝等の障害物にスタックするミスが出てきそうなのでやめました(^-^;

んなもん慣れろよって話なんですけどね( ノД`)…笑
カバーからの回収はまずロッド操作で、が基本ですしね(笑)





とまぁこんな感じでやっと完成にこぎ着けました。
あとは時間を掛けてガッツリと乾燥させて魚を釣るだけ!
ということでしばらくはそっとしておきましょう(*´ー`*)♪
[ 2017/03/06 11:13 ] 釣り | TB(-) | CM(-)

自分でロッドビルディング⑥

ということでガイドを巻きます!


今回はバットガイドをダブルラッピングにしてみたかったのでまずは下巻きを。






で、コーティングは2回にしてみました。






しっかり乾かしたところでやっとガイドを付けます。







集中力が続かずだいぶ時間が掛かりましたが、何とか全てのガイドを付けることが出来ました(笑)

分かりづらいですがこれはバットガイドのパターン。






こっちはそれ以外の場所のパターン。






あとはコーティングをすれば終わり.....(*´ω`*)
[ 2017/03/01 18:42 ] 釣り | TB(-) | CM(-)
プロフィール

石橋佑介

Author:石橋佑介

日常のこと
トーナメントのこと
それ以外のこと

フリーエリア
android
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログラム